現在位置:  ホーム  >  メディアセンター  >  ニュース

ニュース

ドバイビザ手続を加速できるようにCKGSはDNATAと提携しています。

2011年4月20 日。

ドバイビザを取得するのは簡単になりました。コックス・アンド・キングス株式会社の全額出資の子会社のあるコックス・アンド・キングス・グローバル・サービスはエミレーツグループの一部であるDNAATAと提携し、C&Kマルハバドバイビサ(CNKMDV)を結成しました。本社は、ドバイ/シャルジャ及びアラブ首長国連邦までのエミレーツ航空以外では全ての航空を利用している方々にビザ処理サービスを提供し、ドバイ国際空港に到着したり、出発したり、通過したりしている乗客にマルハバ・メート・アンド・グリート・サービスを促進したり販売したりすることとなります。

サンジェイ・バハドリ様によると、この設備はドバイにいらっしゃる多数のインド人には好い経験を提供します。弊社に訪れたり、同社のウェブサイトwww.cnkmdv.comをアクセスしたりしてサービスを申し込むことができます。

ムンバイに本部のあるCNKMDVは、インド国内の12ヶ所ではオフィスを開設しました。センターは、デリー、アムリトサル、ジャイプール、コルカタ、ムンバイ、プネ、アーメダバード、チェンナイ、コッチ、ハイデラバードとバンガロールに設立されました。この新たな設備のお蔭でホテル及びドバイに於ける地元スポンサーと調整する時間のかかるプロセスがなくなりました。CNKMDVのサービスを使って、乗客はオンラインでビザを申請し、三日間以内でビザが取得できます。然し、ビサの発行は、ドバイ入国管理局及びドバイ政府としても知られるDNRDの独占権である。

CNKMDVは、観光ビザ及び通過ビザの二つ書類のビサを処理致します。観光ビザは料金が4550ルピーで、有効期間が入国後最長30日間となります。96時間のビザ(通過ビザ)は料金が3550ルピーとなります。

CNKMDVはお客様にはマルハバサービスも提供します。マルハバとはアラビア語で『歓迎』という意味でそれはアラビア文化の親密さと持て成し方が反映されています。マルハバサービスは、航空の所で乗客を挨拶したり・バギーサービスを与えたり・入国審査局に於いて護送てもらったり、コンベヤーベルトの所でで支援を提供したり、ポータリッジ・税関のことで支援したり、集合場所までハンドオーバーしたりすることが含まれています。

マルハバは、セキュリティを通じて出発・通過の高級なサービスを与え、マラハバラウンジサービスのトランスファーデスクス及びバギーのサービスも提供します。CNKMDVは乗客に便利で楽な旅行経験を与えるために、接客に関するサービスを提供します。

バードリ様は、このサービスがビジネス客・高齢者・子供のいる独り親・同伴者のいない未成年者・初めての旅行者・グループ旅行者・通過乗客に有益になると言いました。
トップ

メディアセンター